MENU

マッチングアプリへの違和感

いまやマッチングアプリで出会った男女が結婚するのも珍しくなくなった。 インターネットを通じて男女が出会うこと関して、かつてモバゲーやスタービーチが醸し出していたような如何わしさはもはやまったくないといっていいだろう。 今この瞬間にも凄まじい…

オンクのnote総まとめ

オンクのnoteリンク集です。 1.恋愛スキルセット全体像 こんなときどうすればいいかわかる!!ACSモデル×テクノロジー俯瞰図初心者はまずACSモデルの理解から。 【新版】恋愛プレイヤーレベル別スキルマップ恋愛に必要なサブスキルとパフォーマンスレベル…

アンジャッシュ渡部さんが佐々木希さんを射止めたテクノロジーが書いてあった

「ステルスプレイヤー」をご存知だろうか。 簡単におさらいすると、ステナン(ステルスナンパ)とは相手からナンパと認知されないナンパのことでした。そして単なる間接法ナンパ(直接的に好意を明らかにせず声をかけるやり方)との本質的な違いは、やってる…

なぜLINEのスタンプを使うのは古いのか

みなさまのおかげもあり、某高級ビジネス誌、さらにはYahoo!ニュースにまでデビューすることができました。 headlines.yahoo.co.jp 恋愛サイエンティストのオンク氏も「LINEのスタンプを使うのは古い」と断言。 さて、今回は本誌では語られてない「LINEのス…

筋トレすると本当にモテるのか

昨日献本していただいた本の書評?を書いていたところ、おもしろいテーマをみつけた。 www.onclog.com 男も女も、モテたいなら黙って筋トレ さあ、モテたいなら筋トレだ。モテるテクニックなんて勉強するな。小手先のテクニックを学んでモテようとする姿勢が…

自己啓発本を読む価値は本当にあるのか

僕は自己啓発本が嫌いだ。 読んでいると、なんとなく意識が高くなって、なんとなく勇気が湧いてきて、なんとなく全能感に溢れてくるが、結局目の前の現実世界は1ミリたりとも好転しないからである。 自己啓発本が本質的に提供しているのは、読者の現実世界…

「好き」を盲信して無駄死にしないために

ひとむかし流行ったこんなキャッチコピーがある。 「好きなことで、生きていく」 www.youtube.com みなさんご存知のYoutuberがそれはそれは楽しそうに仕事をしているCMである。 この「好きなことで生きていく」という主張は、なにもYoutuberだけではなく、多…

「お金2.0」を読んで僕らはどう行動すべきなのか

お金2.0は名著である。 これから起こる経済の移り変わりを的確に言語化してくれている名著といってほぼ間違いないだろう。 さて風の噂によると、読書の利回りは25%程度あるらしい。 ただこれはあくまでも読んだ内容を行動に活かせば、の話である。 「おもし…

2017年に買ってよかったものベスト5

2017年に買ってよかったものをランキング形式でまとめました。 ノミネートはこんな感じです。 ・IPhone7・12インチのMacbook・Pebble time round・急速充電対応の小型充電器・2Wayの充電ケーブル・Fire HD8・Evernote・マネークリップ・パナソニックのエチケ…

『ぼくは愛を証明しようと思う』をそのまま実践すると事故る

ぼく愛のドラマ化が決定したのもあって、いろいろ読み返していたところ気になる点がいくつかあったのでまとめておく。 www.onclog.com このエントリの詳細な技術版として補足程度に読むのがいいと思う。 街コンで「お前、その綺麗な肌、フォトショップで修正…

恋愛市場の歪みをつくことでみえたクリスマスの闇

11月中旬から12月中旬にかけて恋愛市場にバブルが訪れる。 クリスマスの影響である。 彼がいない子はクリスマスまでに彼がほしいし、彼氏がいる子はクリスマス前恋愛市場に放出される。 実際にイギリスで行われた、Facebookの交際ステータスをもとにいつ別れ…

独断と偏見で選ぶ2017年ベストブック

ワークをライフの一部と捉えている僕らに年末年始のお休みはありません。 こういうまとまった時間がとれるときにこそ本を大人買いして部屋に篭もるべきなのです。 12月はたくさんのお酒を飲んだので、年末年始は炭酸水でも飲みながら本を読みましょう。 今年…

『僕は愛を証明しようと思う』を観て恋愛工学を実践しようと思い立った非モテの君へ

ついに恋愛工学のバイブル『僕は愛を証明しようと思う』がドラマ化されることになった。 www.tv-asahi.co.jp 『僕は愛を証明しようと思う』は、主人公で弁理士の渡辺君が彼女にフラれたことをきっかけに、永沢さんというモテの師匠に出会い、恋愛工学を教わ…

「知的戦闘力を高める 独学の技法」は複利で効いてくる

「独学」といえば「ある特定分野の知識や技術を習得するための勉強」というのが世間一般の認識だろう。 例えば、ビットコイン買ったときまとめて十冊くらい仮想通貨関連の本を買って読み漁るアレである。 しかし、山口氏の新刊『知的戦闘力を高める 独学の技…

うかつに忘年会を楽しみにしてはいけない。"非日常"推しに対する違和感

忘年会。 それはサラリーマンにとって、年に一度の盛大なイベントである。 (一度と言ってもメンバーを変えて何度も開催するのだが。。。) 幹事を担当する若手社員にとっては、これで評価が決まったりするわけだから、普段の仕事よりも忘年会タスクのプライ…