MENU

「錯覚資産」の落とし穴

最近でたふろむだ氏(@fromdusktildawn)の本を読んでいて、ふと思ったことの備忘録。 ふとむだ氏のブログは僕も以前からウォッチしていてとてもおもしろい。 というか僕も彼同様、IT畑出身なのでこの業界の闇がよくわかる(笑)。 特にはてなダイアリー時代…

オンクのカバンの中身を紹介する

前回に続き盛大なアフィリエイト記事を投稿しよう。 僕の英知の結晶ともいえるカバンの中身である。 トートバッグ (ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング) UNITED ARROWS green label relaxing レザー トートバッグ 323269904332900 DK.BROWN…

【保存版】人生が地味に改善するオンク本まとめ

どうも最近ブックキュレーターオンクです。 ロジカルな論文に定評がある芸風だったのですが、もうすっかりブックキュレーターに転身したようです。 本を選ぶのにそんなに難しいことはしてなくて、要は ・自分に新たな気づきがあるか ・再現しそうな根拠があ…

君はインフルエンサーにマインドコントロールされてないか

先日金融日記をきっかけに手にとった本に示唆に富む内容を目にしたので備忘録的に残しておく。 村上春樹氏が『アンダーグラウンド』という地下鉄サリン事件の被害者にインタビューをした、書き下ろしノンフィクションだ。 最終章で村上氏は、衆議院選にでて…

100人斬りプレイヤーがVRアダルトを体験してみた感想

ある日、僕の元にOculus Goが届いた。 www.oculus.com いわゆる今流行りのVRヘッドセットだ。 GoRoman氏のツイッターをみて衝動買いしてしまった。 早速起動すると、そこには僕が何度も訪れている沖縄のブセナテラスからみえる海よりもきれいな海が広がって…

彼女のバストサイズは何カップが最適なのか

前回のエントリで巨乳はバブルみたいなものだ、お伝えしてきた。 www.onclog.com それに続いて、今回は「では彼女におっぱいは何カップが最適なのか」を真剣に考えてみたい。 巨乳に対する問題意識 そもそも巨乳の問題は事前に不当に期待値が吊り上げられる…

モテの集大成「ロジカル恋愛論」をリリースしました

ついに僕の数年にわたる活動の集大成ともいえる ロジカル恋愛論をリリースしました。 金曜夜の飲み屋でみんなが語ってる恋愛論はだいたいこういうやつ。 #ロジカル恋愛論 pic.twitter.com/zT3tshT8xu — オンク (@it_warrior_onc) 2018年6月9日 ナンパしても…

巨乳はタチの悪いバブル

巨乳の隠れた真実 スタートアップ本でベストセラーとなったゼロ・トゥ・ワンにこんな一節がある。 「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」 ストレートな質問なので、ちょっと考えれば答えられそうだ。だけど実際には、なかなか難しい。学…

コモディティ型のモテ男にならないために

仮想通貨や株式投資をやっていたらドル・コスト平均法を知らない人はいないだろう。 ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、…

次にキモズムを越えるものはなにか

キモズム理論とは VRエヴァンジェリストのGoRoman氏(@GOROman )が提唱しているキモズム理論というものがある。 キャズムのことを知ってから、確かに理解できるんだけれども、自分の原体験とはズレているな、違うなあ...と感じた部分があります。それが形に…

機械学習を勉強した人にだけピンとくる機械学習マンの言葉

機械学習マン的人生論 「人生は機械学習や。何度でもモデル作り直したらええねん。アルゴリズムもその都度選びなおしたらええねん」 #機械学習マンの言葉 — オンク (@it_warrior_onc) 2018年6月14日 「新しい分野学びたいけど転職すると給料下がるから嫌だ?…

仮想セックストリガーの答えは〇〇トリガーだった

仮想セックストリガーの答えはFVトリガーだった 約2年ほど前に書いたエントリがある。 www.onclog.com 要約すると、恋愛市場はセックストリガーゆえにセックス中心にまわっており、ゆえにセックスを奪い合い不幸になる人もでてくる。セックスしなくてもセッ…

マッチングアプリへの違和感

いまやマッチングアプリで出会った男女が結婚するのも珍しくなくなった。 インターネットを通じて男女が出会うこと関して、かつてモバゲーやスタービーチが醸し出していたような如何わしさはもはやまったくないといっていいだろう。 今この瞬間にも凄まじい…

オンクのnote総まとめ

オンクのnoteリンク集です。 1.恋愛スキルセット全体像 ロジカル恋愛論約3年間に及ぶ恋愛活動のテクニカル編集大成。 こんなときどうすればいいかわかる!!ACSモデル×テクノロジー俯瞰図初心者はまずACSモデルの理解から。 【新版】恋愛プレイヤーレベル…

アンジャッシュ渡部さんが佐々木希さんを射止めたテクノロジーが書いてあった

「ステルスプレイヤー」をご存知だろうか。 簡単におさらいすると、ステナン(ステルスナンパ)とは相手からナンパと認知されないナンパのことでした。そして単なる間接法ナンパ(直接的に好意を明らかにせず声をかけるやり方)との本質的な違いは、やってる…

なぜLINEのスタンプを使うのは古いのか

みなさまのおかげもあり、某高級ビジネス誌、さらにはYahoo!ニュースにまでデビューすることができました。 headlines.yahoo.co.jp 恋愛サイエンティストのオンク氏も「LINEのスタンプを使うのは古い」と断言。 さて、今回は本誌では語られてない「LINEのス…

筋トレすると本当にモテるのか

昨日献本していただいた本の書評?を書いていたところ、おもしろいテーマをみつけた。 www.onclog.com 男も女も、モテたいなら黙って筋トレ さあ、モテたいなら筋トレだ。モテるテクニックなんて勉強するな。小手先のテクニックを学んでモテようとする姿勢が…

自己啓発本を読む価値は本当にあるのか

僕は自己啓発本が嫌いだ。 読んでいると、なんとなく意識が高くなって、なんとなく勇気が湧いてきて、なんとなく全能感に溢れてくるが、結局目の前の現実世界は1ミリたりとも好転しないからである。 自己啓発本が本質的に提供しているのは、読者の現実世界…

「好き」を盲信して無駄死にしないために

ひとむかし流行ったこんなキャッチコピーがある。 「好きなことで、生きていく」 www.youtube.com みなさんご存知のYoutuberがそれはそれは楽しそうに仕事をしているCMである。 この「好きなことで生きていく」という主張は、なにもYoutuberだけではなく、多…

「お金2.0」を読んで僕らはどう行動すべきなのか

お金2.0は名著である。 これから起こる経済の移り変わりを的確に言語化してくれている名著といってほぼ間違いないだろう。 さて風の噂によると、読書の利回りは25%程度あるらしい。 ただこれはあくまでも読んだ内容を行動に活かせば、の話である。 「おもし…

2017年に買ってよかったものベスト5

2017年に買ってよかったものをランキング形式でまとめました。 ノミネートはこんな感じです。 ・IPhone7・12インチのMacbook・Pebble time round・急速充電対応の小型充電器・2Wayの充電ケーブル・Fire HD8・Evernote・マネークリップ・パナソニックのエチケ…

『ぼくは愛を証明しようと思う』をそのまま実践すると事故る

ぼく愛のドラマ化が決定したのもあって、いろいろ読み返していたところ気になる点がいくつかあったのでまとめておく。 www.onclog.com このエントリの詳細な技術版として補足程度に読むのがいいと思う。 街コンで「お前、その綺麗な肌、フォトショップで修正…

恋愛市場の歪みをつくことでみえたクリスマスの闇

11月中旬から12月中旬にかけて恋愛市場にバブルが訪れる。 クリスマスの影響である。 彼がいない子はクリスマスまでに彼がほしいし、彼氏がいる子はクリスマス前恋愛市場に放出される。 実際にイギリスで行われた、Facebookの交際ステータスをもとにいつ別れ…

独断と偏見で選ぶ2017年ベストブック

ワークをライフの一部と捉えている僕らに年末年始のお休みはありません。 こういうまとまった時間がとれるときにこそ本を大人買いして部屋に篭もるべきなのです。 12月はたくさんのお酒を飲んだので、年末年始は炭酸水でも飲みながら本を読みましょう。 今年…

『僕は愛を証明しようと思う』を観て恋愛工学を実践しようと思い立った非モテの君へ

ついに恋愛工学のバイブル『僕は愛を証明しようと思う』がドラマ化されることになった。 www.tv-asahi.co.jp 『僕は愛を証明しようと思う』は、主人公で弁理士の渡辺君が彼女にフラれたことをきっかけに、永沢さんというモテの師匠に出会い、恋愛工学を教わ…

「知的戦闘力を高める 独学の技法」は複利で効いてくる

「独学」といえば「ある特定分野の知識や技術を習得するための勉強」というのが世間一般の認識だろう。 例えば、ビットコイン買ったときまとめて十冊くらい仮想通貨関連の本を買って読み漁るアレである。 しかし、山口氏の新刊『知的戦闘力を高める 独学の技…

うかつに忘年会を楽しみにしてはいけない。"非日常"推しに対する違和感

忘年会。 それはサラリーマンにとって、年に一度の盛大なイベントである。 (一度と言ってもメンバーを変えて何度も開催するのだが。。。) 幹事を担当する若手社員にとっては、これで評価が決まったりするわけだから、普段の仕事よりも忘年会タスクのプライ…

資格は本当に必要か。資格コレクターはメタゲーム敗者!?

「おまえ今期の目標に資格の取得がはいってないぞ!」 資格をほとんどもっていないオジサンマネージャから指摘がはいった。 おそらく自分の評価に影響するのだろう。 でも本当に資格って必要なのだろうか。 これを機に考えてみよう。 資格で儲かるのは自分で…

人はなぜお金に嫌悪感を抱くのか。政治空間と貨幣空間のバランスを考える

ツイッターをマネタイズするか否か問題で議論が巻き起こっていたようなので、これを機に自分の考えも整理しておこうと思います。 結論からいえば、マネタイズしたければすればいい、くらいです。 まあどちらかといえば、自分は週刊恋愛サロンを書いているし…

「で、それって儲かるの?」とすぐ聞いちゃうオジサンはひとまず革命のファンファーレを読もう

「で、それって儲かるの?」 僕らのチームが考えた社内ベンチャーの企画は、オジサン役員のこのひとことで非承認となった。 まあ簡単にいうと予算がとれなかったわけだ。 ちなみに社内ベンチャーってなんぞという人はこちら↓ 社内ベンチャー(しゃないベンチ…