MENU

一瞬で心をつかむ「おでんリーディング」のやり方

 

コールドリーディング。

それは事前の準備なしで(コールド)、相手の心を読みとったようにみせる(リーディング)テクニックの総称である。

占い師や霊媒師などスピリチュアル系の人がよくやっているあれだ。

it-warrior-onc-onclog.hatenablog.com

 

おでんリーディング。 

それはおでん(大根やたまご、こんにゃくなどを煮込んだ日本の伝統的な鍋料理) で、相手の心を読みとったようにみせる(リーディング)テクニックの総称である。

 

 

おでんといえば冬の風物詩だ。

「寒くなってきたしそろそろおでん食べない?」

とデートに誘うプレーヤーも少なからずいるのではないだろうか。

そんなプレーヤーは、ぜひとも今回紹介するおでんリーディングで心をつかみ、ふたりの距離を縮めていただきたい。 

 

 

 

コールドリーディングの3ステップ

コールドリーディングにもいろいろあるが、あるやり方を一般化すると以下の3つのステップで行うことができる。

 

1)観察する

表情や着ている服、しぐさ、言葉使いなどを観察する。

この観察したものから連想される抽象的なイメージを考える。

もうこのときにどのフレームやロジックを使うかはだいたい決める。 

 

2)言い当ててみる 

抽象的なイメージを相手の性格に言い換えて、自分の言葉で言ってみる。

 

「もしかしてさ。今日は普通に話してくれてるけど、本当は人見知りでなかなか人を信用しない疑い深いタイプじゃない?」

 

「まあどちらかといえばそうかな。えっ…なんで?」

 

3)それっぽく説明する(または濁す)

なぜそう思ったかをそれっぽく説明する。※「不思議となんとなく」と濁す場合もある

1)で観察した洋服→2)で連想した抽象的なイメージ→言い当てた相手の性格、の3つをそれっぽいロジックでつなぐ。

このときは必ずしも論理的に正しい必要はなくて、とにかくそれっぽさがあればOK。仮に緑っぽい洋服や持ち物をもっていたとするとこんな感じ。

 

「モスグリーンとか緑って安心を意味してるんだよ。安心を求める人って不安をすごく避けようとするから警戒心が強い。一度信用すると信用しきっちゃってダメな男に騙されたりしたことあるでしょ?」

 

「確かにそういうところあるかも(>_<)」

 

 

 

おでんリーディングの3ステップ

おでんリーディングはこの考え方とまったく同じだ。

 

1)おでんを選ばせる

おでんリーディングでは、観察するポイントがおでんになるだけなので、まずはおでんを選ばせる。

 

「おでん選んでよ。どれがいい?」

 

「ん〜っと、じゃあこんにゃくにしようかな」 

 

2)言い当ててみる 

「もしかしてさ… 今なにかすごく不安に思ってることとか困ってることとかない?」

 

「まあなくはないけど…」

 

 

3)それっぽく説明する(または濁す)

 「こんにゃくってなかなかつかめなくてニュルニュルしてるじゃん。で、これはなにを意味してるかというと、不安定な気持ちのあらわれなんだよ。最初にこんにゃく選ぶ人ってだいたいなにか不安を抱えてる」

 

「えっ、そうなの?(笑)」

 

これぞ奥義。おでんリーディング。 

おでんの具とリーディング内容を、おでんリーディング対応表にまとめたのでぜひともスマホに保存しておいてほしい。

f:id:it_warrior_onc:20161203100931p:plain

 

 

最後におでんリーディングに最適なお店をひとつ紹介しておきたい。

京都 まろまろ

食べログ京都 まろまろ

 

このお店でどれだけ多くの女性をおでんリーディングで口説いてきただろうか。 

おでんリーディングはオープンライセンス(誰でも自由使って良いもの)なので、好きなだけ活用していただければ幸いだ。

 

 

おしまい

 

 

参考文献

it-warrior-onc-onclog.hatenablog.com