MENU

9割の人が陥る「うんこフレームワーク」とはなにか

数えてみたところ、僕はこの1週間の間に「うんこ」というワードをWeb上に10回以上打ち込んでいた。

これほど「うんこ」と言ったのは、小学校低学年以来だ。

小学生はなぜ「うんこ」を連呼するかというと、それは「うんこ」がなにげない日常生活の一部であるにも関わらず、気軽に口走ってはいけない違和感を感じているからである。

それをあたかも「おはよう」みたいな感覚で、自然に「うんこ!」と声高に叫ぶことで違和感を解消し快感を覚える。

 

www.onclog.com

 

「うんこフレームワーク」も同じだ。

よく言語化されていないなにかをラベリングするとみえるものは変わる、というが、

うんこフレームワークを僕の違和感の解消を助けたのである。

 

そもそもうんこフレームワークのオリジナルは芳野さんである。 

 

これを機に僕は日常生活で目にする「うんこフレームワーク」に気づくようになった。

 

・好きか、嫌いか

・正義か、悪か

・お金か、やり甲斐か

・社畜か、起業か

・外見か、内面か

・リア充か、非リアか

・自分の幸せか、誰かの幸せか

 etc...

 

これらは全て「うんこフレームワーク」である。 

世の中はうんこ…ではなく、「うんこフレームワーク」に溢れている。

 

そもそも「うんこフレームワーク」の根底は、TAKERマインドであり、ゼロサムゲームであり、等価交換の概念である。

これはある意味メタゲームがヘタクソ、すなわち既に誰かが設定したルールのうえでしか物事を考えられない、ということでもある。

www.onclog.com

 

当然ながら誰かが決めた物差しは、ほとんどの場合、学歴、年収、SNSフォロワー数など数字で目にみえるようになっている(もちろん数字ではない肩書き系などもある)。

一方で、資本主義はありとあらゆるものをお金という数字で表現しようとする考え方である。

それでこの数字は基本的にどちらも信用から生まれる。

しかし、世の中の90%以上の人(もちろん自分も含む)は信用ではなくこの数字の方にブンブン振り回される。

あげくの果てにはこの数字が目的化し、自分に幸せや情熱を捧げる大切なものさえ見失う。

 

皮肉にもお金が嫌いな日本人が信じる学歴や年収といった数値化された物差しは、お金だけを目的にする与沢系情報商材屋なんかとさして変わらないのだ。

 

まとめると「うんこフレームワーク」とは、表層的な数字や肩書きのみにとらわれ、自分ではない誰かが決めた架空のトレードオフに頭を悩まし、終いには全体のパイを増やすことを諦めた思想なのである。

 

最後にひとつだけ。

結局のところ「うんこフレームワーク」のもととなっている物差しは、価値と信用を可視化したものに過ぎない。

そして、ここ数年でこの価値と信用をあらわすしくみが急激に変化しつつある。

おそらくビットコインはその幕開けに過ぎないだろう。

 

f:id:it_warrior_onc:20170827063013p:plain

 

おそらく「まず1000万円貯める」とかそういうことよりも、もっと優先するべきことがあるのではないだろうか。

僕たちはもう、新しい「つながりの創造」大激戦のまっただ中にいるのだ。それに乗り遅れることは、社会的な死を意味するかもしれない。(なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?, 山口揚平)

 

参考文献