MENU

筋トレすると本当にモテるのか

昨日献本していただいた本の書評?を書いていたところ、おもしろいテーマをみつけた。

www.onclog.com

男も女も、モテたいなら黙って筋トレ

さあ、モテたいなら筋トレだ。モテるテクニックなんて勉強するな。小手先のテクニックを学んでモテようとする姿勢がもうモテない。ダンベルを上げろ。筋肉と自信を育てろ。草食系なんて言われてヘラヘラしてんじゃねえ。好きな相手ぐらい自分で見つけて自分で射止めやがれ。

「筋トレすると本当にモテるのか」

 

永遠の男のテーマである。というわけで、今回はこれについて真面目に考えてみる。

 

「筋トレをするとモテる」

 

これは本当に正しいのだろうか。

 

このロジック分解すると、おそらくこうなる。

筋トレする→筋肉がつく→体が引き締まり表情がキリッとなる→モテる 

しかし、まず考えてみてほしいのは現場でなにが起こっているかだ。

この理屈どおりなら銀座や恵比寿のナンパバーでたまに遭遇する小奇麗なムキムキ消防士はモテまくっているはずである。

にも関わらず、彼らはなぜ20歳そこそこのJDに「脳みそまで筋肉でできてそうでウケる(笑)」といじられあげく、さっさと立ち去られてしまうのか。 

なぜ筋肉だけではこうなってしまうのか解明するには、モテにおける筋肉を位置づけを正確に理解する必要がある。

 

モテには、おおきくテクニカル面とファンダメンタル面の要素がある。

テクニカル面はいわゆる小手先のテクニックのことだ。会話を始めるためのナンパのオープナーやトークスクリプト、距離の詰め方などである。

一方でファンダメンタル面は男の本質的な価値を示す。ごまかしの効かないスペックなんかがこれにあたる。

 

このテクニカル面とファンダメンタル面がモテに影響する度合いは、恋愛におけるフェーズによって重みが変わる。

ひらたくいえば、セックスする前(プレ・セックス・ピリオドという)はテクニカル面に、セックスした後(ポスト・セックス・ピリオドという)はファンダメンタル面にそれぞれ重きがおかれるのである。

f:id:it_warrior_onc:20180210115811p:plain

女が頭ではわかっていても繰り返しロースペダメンズにハマってしまうのは、彼らがテクニカル面で優れているからにほかならない。年収300万であっても彼らは適切なタイミングで耳障りの良い言葉をささやき、いとも簡単にホテルに連れ込んでしまうのだ。

しかし、ロースペダメンズは美人と付き合ったとしても長くは続かない。それはファンダメンタルバリューが乏しいからだ。セックスしてから一緒に過ごす時間が増えれば、ファンダメンタルバリューの低い偽物だとバレてしまう。喫茶ルノアールで仕立ての良いスーツを着たツーブロックのセールスマンがいくら饒舌説明され、契約書にサインしてしまったとしても、価値がないものは価値が無いのである。 

 

ではファンダメンタルバリューとはいったい何なのだろうか。

恋愛総合研究所では以下のようにファンダメンタルバリューを定義している。

f:id:it_warrior_onc:20180208175041p:plain

この図をみて気づいた方もいるかもしれないが、筋肉はファンダメンタルバリューの一要素に過ぎないのである。

しかも筋肉がモテへのインパクトとなりうるのは、服を着ていても体型がわかる夏場を除けば、圧倒的にセックスした後だ。

「細いと思ったら意外と筋肉あるんだね♡」となるアレだ。

(ただ上腕二頭筋を鍛えすぎると腕枕が高くなりすぎて安定しないと文句を言われることもある)

もし美人の彼女ができてもすぐにフラれるようなら、ファンダメンタルバリューのうちなにかが足りないと捉えてほぼ間違いないだろう。

 

つまり、筋トレはモテるための必要条件だが十分条件ではない。

 

結局のところ、筋肉があってもモテない場合、その原因は①テクニカル面が皆無、②筋肉以外のファンダメンタルバリュー面がイマイチ、の2点に集約される。

 

モテへの道は険しいものである。

テクニックだけあってもダメだし、お金だけあってもダメだし、筋肉だけあってもダメだ。

モテとは、日頃からナンパやデートで失敗しながらもテクニックを磨き、激務に耐えながら朝早くから夜遅くまで働き、腕や脚がプルプルするほどの筋トレを継続できた者だけが辿り着ける境地なのである。

要するに、今日から、いや今この瞬間からファンダメンタルズを鍛えなさい、ということだ。

筋肉の辞書に「遅すぎる」なんて言葉はないのだ。(中略)もし躊躇しているなら、君がやらない理由は何だ?一歩踏み出せない言い訳は何だ。「もう年だ}とか「始めるのが遅すぎる」なんて眠たいこと言うなよ。やりたいことがあるなら今すぐ始めろ。もうこの際、筋トレじゃなくてもいい。語学でも、資格でも、転職でも、婚活でもいいから、今すぐ始めろ。 

 

 

おしまい

 

参考